豊胸手術に失敗しました。私が体験した失敗例をお話します。

休みの言い訳に苦労した

大きい胸に憧れて豊胸手術を行った休みの言い訳に苦労した失敗したのではという気持ちを胸にリスクのことをよく考えて受けよう

手術に際して1週間ほど休みを取ったので、その言い訳には苦労しました。
ただ胸も明らかに大きくなっていましたし、手術がバレたらそれでもいいかというくらいの感覚です。
とにかく当時は手術をして気分が高揚していました。
ところが術後2週間くらいしてから、胸に違和感を覚えるようになりました。
朝いつものようにブラジャーを着けようと手で胸を触ったところ、少し硬いかもと感じました。
最初は生理が近くて張っているだけかもしれないと自分に言い聞かせていましたが、クリニックの方からも異常があればすぐに来てほしいと言われていたので行くことにしました。

豊胸手術で失敗したくない人が知っておくことまとめ https://t.co/DXRT1qLUXP

— 豊胸手術情報bot (@houkyoubot) 2018年7月15日
そこで先生から、失敗したと聞かされたのです。
お金や時間も掛けて受けたのにも関わらず、さすがにこの一言には心が折れました。
先生からは事前に多少のリスクがあると教わっていましたから、その可能性も自分で把握しているつもりでした。
とはいえ現実として自分がそれを体験するとなると、夢であってほしいとしか思えませんでした。